立石 ~謎の遺跡『立石様』と低地を渡る古代東海道~


イベント詳細



遥か古代の遺跡から近現代の産業遺産まで
首都圏 歴史の景観を歩く
~東京・神奈川・千葉の遺跡・史跡セレクション~

【概要】
中川の西岸に位置する立石は葛飾区のほぼ中心に位置し、近年は「センベロのまち」として注目されてきていますが、実はかなり古くから人々が暮らしていた痕跡があります。町名由来となった「立石様」や、安倍晴明が創建したと伝わる立石熊野神社などの他、古代の東海道の痕跡もあります。

【想定コース】
京成線立石駅 → 梅田稲荷神社 → 徳念寺 → 證願寺 → 源寿院 → 法善寺 → 昼食 → 宝泉寺 → 普門院 →  立石熊野神社 → 南蔵院 → 立石様 → 西圓寺 → 立石諏訪神社  → 京成線立石駅
                行程距離:4キロ

開催日時 2020年 3月26日(木) 10:30開始 ~ 15:00頃 終了予定

 

お申し込み&お問い合わせはこちら>>>

TOPICS
歩き旅応援舎ナイトスクール『古代の海と江戸の原型』

昨年の10月後半にお声掛けいただきました、歩き旅応援舎さんのオンライン講座『歩き旅応援舎ナイトスクー …

歴史ツアー
続・鎌倉街道ウォーク

鎌倉道(鎌倉街道)は、鎌倉時代に幕府がおかれた武士の中心地・鎌倉から関東各地にある御家人の領地までを …

歴史ツアー
足ならしショートウォーク 2021年1月~3月

2020年は新型コロナウイルス感染予防による外出自粛期間があり、その期間中、足が鈍ってしまったという …