玉川上水 パートⅤ ~三鷹から小平まで、文人たちの武蔵野を流れる~


イベント詳細



遥か古代の遺跡から近現代の産業遺産まで
首都圏 歴史の景観を歩く
~東京・神奈川・千葉の遺跡・史跡セレクション~

【概要】
三鷹駅を離れると、再び住宅街へ。国木田独歩が『武蔵野』で著したのは、かつてのこの辺りの景観です。途中、千川上水との分岐点があり、そこから五日市街道と並走するように小金井公園の南側を流れていきます。この区間は桜の名所である小金井堤でもあります。

【想定コース】
JR総武線三鷹駅 → 国木田独歩記念碑 → 堀合引込線跡緑道 →  境浄水場 → 千川上水分岐点   → 小金井堤 → 昼食 → 行幸の松の碑 → 海岸寺 → 喜平橋 →  バスでJR総武線国分寺駅
               行程距離:6.5キロ

開催日時 2019年 11月21日(木) 10:30開始 ~ 15:30頃 終了予定

 

お申し込み&お問い合わせはこちら>>>

TOPICS
緊急事態宣言延長に伴う日程変更

4月25日より5月11日までの間で出ていた緊急事態宣言が案の定延長され、5月31日までとなりました。 …

TOPICS
緊急事態宣言に伴う日程変更

4月中旬より、都内が蔓延防止等重点措置指定区域となったため、都心部での野外講座を順延しておりました。 …

TOPICS
歩き旅応援舎ナイトスクール 『海と道の東国 ー 水の道と武士の胎動 ー』

2月に続き、歩き旅応援舎さんのオンライン講座『歩き旅応援舎ナイトスクール』で、またお話しさせていただ …