夏のミュージアムセレクション 10:東洋文庫ミュージアム


イベント詳細



~  世界有数の東洋研究機関が有する希少史料の数々 ~

特別展『大宇宙展―星と人の歴史』

古来、世界各地で人々は天空の動きから様々な情報を読み取り、暦を作る、運命を占う、旅の道中の標にするなど、日々の暮らしのなかで役立ててきました。 やがて、天空の動きや現象を観察し、その法則などを見出すことは学問として発展していきます。日本へは、6世紀後半から7世紀初頭に、 朝鮮を通じて中国の暦と天文が伝わりました。
本展では、人々がどのように天空の動きを理解し、宇宙へのあこがれと好奇心を育んでいったのか、古今東西の様々な資料によってその歩みをたどります。

開催日時  2020年 9月2日(水)・9月18日(金)  

集合場所:JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅
11:30開始 ~ 15:00頃 終了予定 
ランチ:「レストラン オリエンタル・カフェ」を予定
会費:¥7,000(資料代・昼食代・拝観料込み)

TOPICS
歩き旅応援舎ナイトスクール『古代の海と江戸の原型』

昨年の10月後半にお声掛けいただきました、歩き旅応援舎さんのオンライン講座『歩き旅応援舎ナイトスクー …

歴史ツアー
続・鎌倉街道ウォーク

鎌倉道(鎌倉街道)は、鎌倉時代に幕府がおかれた武士の中心地・鎌倉から関東各地にある御家人の領地までを …

歴史ツアー
足ならしショートウォーク 2021年1月~3月

2020年は新型コロナウイルス感染予防による外出自粛期間があり、その期間中、足が鈍ってしまったという …