北武蔵ウォーク第4回:新座平林寺


イベント詳細



第4回:新座平林寺 ~広大な境内に武蔵野の雑木林を残す名刹~
【概要】
南北朝時代に岩槻で創建され、川越藩主松平信綱によってこの地へ移転しました。玉川上水から分水された野火止用水により、荒れ野だったこの地域は田畑が拓かれ、薪を取るためクヌギ・コナラが植えられて武蔵野の雑木林の景観が生まれました。天然記念物にも指定されている境内を散策します。

【想定コース】
東武東上線朝霞台駅 → バス移動 → 山門 → 仏殿 → 放生池 → 下卵塔 → 松平信綱墓 
→ 野火止塚 → 業平塚 → もみじ山 → 野火止用水平林寺堀 → 半僧坊感応殿 → 昼食 
→バス移動 → 東武東上線朝霞台駅
                                      トータル歩行距離:5キロ

*昼食は、うどん会席『たけ山』にて季節替わりのわっぱ飯ランチの予定です。
【開催日】
2020年12月12日(土) 開始 11:00 ~ 15:30頃 終了予定
会費¥7,000(資料代・昼食代・入館料込み)

TOPICS
歩き旅応援舎ナイトスクール『古代の海と江戸の原型』

昨年の10月後半にお声掛けいただきました、歩き旅応援舎さんのオンライン講座『歩き旅応援舎ナイトスクー …

歴史ツアー
続・鎌倉街道ウォーク

鎌倉道(鎌倉街道)は、鎌倉時代に幕府がおかれた武士の中心地・鎌倉から関東各地にある御家人の領地までを …

歴史ツアー
足ならしショートウォーク 2021年1月~3月

2020年は新型コロナウイルス感染予防による外出自粛期間があり、その期間中、足が鈍ってしまったという …