北武蔵を知るフィールドワーク 第3回 武蔵嵐山パート2


イベント詳細



第3回 武蔵嵐山パート2 ~木曽義仲の生まれ故郷と嵐山渓谷~

【概要】
埼玉県のほぼ中央に位置する武蔵嵐山は、京都の嵐山にその風景が似ていることから名付けられました。紅葉の時期には、なぜそう呼ばれたのかが一目でわかる絶景が広がります。この地域は古墳時代ごろから有力氏族が本拠地とし、平安末には、木曽義仲の父である源義賢が舘を構えて秩父党と結びつき、相模から武蔵を狙う源義朝と対立しました。

【想定コース】
東武東上線武蔵嵐山駅 → バス移動 → 都幾川 → 班渓寺 → 鎌形八幡神社 → 大蔵館跡 → 源義賢墓 
→ 源氏三代供養塔 → 向徳寺 → バス移動 → 東武東上線武蔵嵐山駅
                                          トータル歩行距離:6キロ
*昼食は、『カフェふくろうの森』にて、ランチプレートの予定です。

【開催日】
2020年 4月25日(土)  
開始 10:30 ~ 15:30頃 終了予定

 

お申し込み&お問い合わせはこちら>>>

TOPICS
緊急事態宣言延長に伴う日程変更

4月25日より5月11日までの間で出ていた緊急事態宣言が案の定延長され、5月31日までとなりました。 …

TOPICS
緊急事態宣言に伴う日程変更

4月中旬より、都内が蔓延防止等重点措置指定区域となったため、都心部での野外講座を順延しておりました。 …

TOPICS
歩き旅応援舎ナイトスクール 『海と道の東国 ー 水の道と武士の胎動 ー』

2月に続き、歩き旅応援舎さんのオンライン講座『歩き旅応援舎ナイトスクール』で、またお話しさせていただ …