分倍河原・西府 ~古代武蔵の力を示す大王陵~


イベント詳細



遥か古代の遺跡から近現代の産業遺産まで
首都圏 歴史の景観を歩く
~東京・神奈川・千葉の遺跡・史跡セレクション~

【概要】
東京都西部にある府中市は、律令期に武蔵国府がおかれていた場所です。 市の中心の大国魂神社周辺には武蔵国府関連の遺跡が数多くあります。また、市内西部の府中崖線上には群集墳が数多くあり、現在も住宅街の中にいくつか確認できます。その中でも、府中熊野神社裏にある上円下方墳は「大王陵」といわれる形状のもので国内でも5例しか見つかっておらず、その中でも最大級のものです。

【想定コース】
京王線分倍河原駅 → 首塚古墳 → 高倉塚古墳 → 天王塚古墳 → 高倉20号墳 → 昼食 → 府中熊野神社古墳 → 御嶽塚古墳  → JR南武線西府駅
                            行程距離:5キロ

開催予定:2019年11月28日(木) 開始:10時30~15時00頃 終了予定

 

お申し込み&お問い合わせはこちら>>>

TOPICS
歩き旅応援舎ナイトスクール『古代の海と江戸の原型』

昨年の10月後半にお声掛けいただきました、歩き旅応援舎さんのオンライン講座『歩き旅応援舎ナイトスクー …

歴史ツアー
続・鎌倉街道ウォーク

鎌倉道(鎌倉街道)は、鎌倉時代に幕府がおかれた武士の中心地・鎌倉から関東各地にある御家人の領地までを …

歴史ツアー
足ならしショートウォーク 2021年1月~3月

2020年は新型コロナウイルス感染予防による外出自粛期間があり、その期間中、足が鈍ってしまったという …