秦野市 桜土手古墳群1号墳

今回から動画を上げてみます。

桜土手古墳群は、秦野市堀山下の水無川右岸の東西500m、南北300mの範囲に35基の円墳が確認された。

調査後埋め戻されるなどしたため現存するものは12基。桜土手古墳公園内に6基、日産車体工場内に5基、島津製作所内に1基が分布していた。

各古墳の築造年代は6世紀末から8世紀初頭とみられ、古墳時代終末期の7世紀後半が中心とされる。

この古墳群で最大の1号墳は、径28m、高さ5.6m、周溝5mを測り、二段築成で葺石に覆われている。また、一般的な円墳とは異なり、墳丘の中を石垣状の石組みが一巡している。

副葬品としては須恵器・土師器などの土器類、耳環・勾玉などの装飾品、直刀・鉄鏃などの鉄製武器、辻金具・鐙鎖などの馬具が出土した。

敷地内には古墳群から出土した遺物などを展示する「桜土手古墳展示館」があるが、令和2年11月に開館30周年を迎えるにあたり、考古専門の博物館から総合歴史博物館『はだの歴史博物館』にリニューアルする。

現在、内装や展示設備等の工事を行うため、今年の10月31日まで休館中。

TOPICS
歩き旅応援舎ナイトスクール『古代の海と江戸の原型』

昨年の10月後半にお声掛けいただきました、歩き旅応援舎さんのオンライン講座『歩き旅応援舎ナイトスクー …

TOPICS
来季に向けての御挨拶

歳晩の候、皆様におかれましても、この度のコロナ禍に大変なご苦労をされておられるかと案じております。 …

TOPICS
第4回歩き旅応援舎ナイトスクール「崖が創った大都会」

コロナ自粛期間中、今までのような野外講座主体のやり方では立ち行かなくなるので、オンライン講座や映像コ …