府中郷土の森博物館


イベント詳細



~  古代国府以来の伝統ある府中の歴史を「見て・聞いて・触れて・考える」 ~

特別展  『中世東国と改元』

府中本町駅前の発掘調査で、板碑が出土しています。板碑そのものは中世の東国、特に武蔵ではけっして珍しいものではありません。しかし、ここで出土した1枚には見慣れない年号が刻まれていたのです。それは「福徳元年」。中世東国の人びとは、何を思い私年号を用いたのでしょうか? そもそも、改元とはどんな時になされ、どのように地域へ伝えられたのでしょう? 地域に残されたモノを軸に、年号そして改元に対する意識を探ってみたいと思います。

開催日時  2019年 8月29日(木)

集合場所:JR南武線・京王線 分倍河原駅

11:30開始 ~ 15:00頃 終了予定

ランチ:旧田中家住宅にて「季節の御膳」を予定

 

お申し込み&お問い合わせはこちら>>>

TOPICS
歩き旅応援舎ナイトスクール『古代の海と江戸の原型』

昨年の10月後半にお声掛けいただきました、歩き旅応援舎さんのオンライン講座『歩き旅応援舎ナイトスクー …

歴史ツアー
続・鎌倉街道ウォーク

鎌倉道(鎌倉街道)は、鎌倉時代に幕府がおかれた武士の中心地・鎌倉から関東各地にある御家人の領地までを …

歴史ツアー
足ならしショートウォーク 2021年1月~3月

2020年は新型コロナウイルス感染予防による外出自粛期間があり、その期間中、足が鈍ってしまったという …