九段・神楽坂 ~東京の平将門伝承地を歩く~


イベント詳細



遥か古代の遺跡から近現代の産業遺産まで
首都圏 歴史の景観を歩く
~東京・神奈川・千葉の遺跡・史跡セレクション~

【概要】
平安時代中頃、関東において朝廷より独立を画策し、平貞盛・藤原秀郷に追討された平将門。都内には平将門を祀る神社がいくつかあり、特に有名なものは神田明神で、まさに東京の地主神とも言える存在です。ここでは、将門にゆかりのある寺社が多くある九段下から神楽坂にかけてをまわります。

【想定コース】
東京メトロ半蔵門線九段下駅 → 築土神社 → 白菊稲荷 → 東京大神宮 → 桐生稲荷 → 船河原築土神社→ 堀兼の井戸 → 牛込城址 → 毘沙門天善国寺 → 昼食 → 筑土八幡宮 → 小石川牛天神→ 東京メトロ丸の内線後楽園駅
                           行程距離:5キロ

開催日時 2020年 2月27日(木)10:30開始 ~ 15:30頃終了予定

 

お申し込み&お問い合わせはこちら>>>

TOPICS
歩き旅応援舎ナイトスクール『古代の海と江戸の原型』

昨年の10月後半にお声掛けいただきました、歩き旅応援舎さんのオンライン講座『歩き旅応援舎ナイトスクー …

歴史ツアー
続・鎌倉街道ウォーク

鎌倉道(鎌倉街道)は、鎌倉時代に幕府がおかれた武士の中心地・鎌倉から関東各地にある御家人の領地までを …

歴史ツアー
足ならしショートウォーク 2021年1月~3月

2020年は新型コロナウイルス感染予防による外出自粛期間があり、その期間中、足が鈍ってしまったという …